キャッシング 初めて

初めてのキャッシング基礎知識☆これであなたも安心利用

MENU

日常でも、よく使われるようになった「キャッシング」という言葉は、いわゆる消費者金融と呼ばれる金融機関の利用のことを言います。
その特徴としては、
1:金融機関が、2:個人に対し、3:数十万円程度を上限とした低額を、4:無担保・無保証で貸し付ける、という4点が挙げられます。

 

そこでこのサイトでは、この4点を特徴とした、主に消費者金融を利用したキャッシングについてご説明したいと思います。

 

本来、「キャッシング」というのは、金銭の貸し借り全般を指す言葉ですが、
上記の4点を特徴とした融資形態だけが特にキャッシングと呼ばれるようになったのは、無人契約機の登場などで、
日本国民にとって「お金を借りる」ということが、日常生活の一部になったことが大きな要因です。

 

手軽に、気軽に、お金を借りることができるようになったため、キャッシングと言えばそのような形態を指す言葉として使われるようになりました。

 

金銭の貸し借りは、個人間でもよく行われることですが、多くの場合、それをキャッシングとは言いません。
また、銀行が企業に設備資金を融資する場合などもキャッシングとは言いません。

 

どちらも、貸し手と借り手が相談・交渉を重ね、ようやく貸し借りが実現することが多く、それは「手軽」ではないからです。
金融機関が個人を対象にすることで、申し込みから貸付までのステップが確立されているため、「手軽」に利用できるのがキャッシングです。

 

最近では主婦や学生のカードローンのキャッシングも気軽にできるようになりましたね。

 

また、上限が数十万円に設定されているため、借りる側もそれぐらいの金額なら返せるだろうと考えることができ、
さらに無担保・無保証であることで人に迷惑もかけなくて済むから「気軽」に借りられるのがキャッシングなのです。

 

つまり、キャッシングというのは、「手軽」で「気軽」な個人向けの融資なのです。

 

上手に使えば、人生を明るく楽しくできるキャッシングですが、一歩間違えると、人生にとても大きな暗い影を落とす、諸刃の剣でもあります。
正しい知識を身につけて、正しく利用し、明るい未来を手に入れましょう!