キャッシング用語

初めてのキャッシング基礎知識☆これであなたも安心利用

MENU

もっとキャッシング用語を理解しよう

さらに重要な用語をご紹介します。
「保証人」とは、お金を借りる際に、返せなくなった時に本人の代わりに返済を約束する人のことです。
原則として保証人は誰でもなれるのですが、返してもらえなければ意味がないため、貸し手は保証人の返済能力も調査・審査して契約する場合がほとんどです。

 

保証人が保証する範囲はその契約そのものですから、元金だけでなく利息も払わなくてはいけません。
50万円なら払ってやれると思って保証人になったとしても、それ以上の金額を請求される可能性もあるのです。
ただし、借りた本人に支払い能力がある場合は、本人への請求が優先されます。

 

ある日突然、請求書が送られてきたとしても、本人が元気で仕事もしているなら、「先にそっちに請求してくれ」と言うことができます。
また、複数の保証人がいる場合は分担して保証すればいいため、例えば借入金の残元金が40万円ある場合、
保証人が1人ならその1人が40万円全額を返済することになりますが、保証人が2人なら半分の20万円だけ返済すればよく、
仮に40万円を請求されたとしても、自分の分担ではない20万円については支払いを拒否できます。

 

「連帯保証人」とは、上記の保証人と同じく、本人に代わって返済する人のことなのですが、
通常の保証人よりもより強力に保証しなければならない点で注意が必要です。

 

通常の保証人は本人が元気ならそちらに請求してくれという主張ができますが、連帯保証人はこれができません。
本人がまだ元気でも返済が遅れたりした場合、請求されたら拒否できないのです。

 

しかも、連帯保証人には分担の規定がないため、上記の例で、もう1人に連絡がつかないからということで40万円全額を請求されたとしても拒否できず、払わなければいけないのです。
よく「保証人になるな」と言いますが、借りてもいないお金を返すことだけ約束する、正に百害あって一利なしの契約ですから、するべきでないのは当然です。
どうしてもと頼まれたら、わざわざ保証人になるのではなく、直接その人のお金を貸してあげるという方法も考えてみるべきでしょう。