キャッシング 手軽に借りる

初めてのキャッシング基礎知識☆これであなたも安心利用

MENU

キャッシングは手軽に借りていいの?

冒頭でご説明した通り、キャッシングは「手軽に」借りられるものです。ですが、本当に「手軽に」借りていいのでしょうか?

 

本来、お金を貸す・借りるというのは、相互に信用があって初めて成り立つものです。
友人からお金を借りる時などは、「利息なんかいらないよ」ということにもなるでしょう。
それは相手を信用しているから、という証拠です。

 

返せなくなっても、お前ならいいやというぐらいの信用があって初めてできることですから、
昨日知り合った人に、いきなり今日借金を申し込むというのは無理でしょう。信用を生むには時間がかかるのです。

 

銀行がお金を貸す場合、借りる側の返済能力を慎重に調査します。
担保や保証人を要求する場合もありますが、それを含めて借りる側が「ちゃんと返せるか」を審査します。

 

この銀行の審査機能が適正に働いていたころは、日本の経済が正しく成長していたころでもありました。
それがバブル期には、土地さえあれば他の審査は無用で貸付を行うことが当たり前になり、結果、バブル崩壊後の土地価格の暴落を招きました。
ただでさえ、実際の価格以上の金額を借りていたのに、土地が値下がりしてしまったのですから、担保の土地を売っても全然返せないのです。

 

この時は、銀行が不良債権(=返してもらえない貸付金)を抱えて苦しいというような報道がされましたが、
それよりも、不良債務(=返せない借金)を抱えている人の方が何倍も大変な苦労をしていたのです。

 

今では、このようなことはありませんが、それでも甘い審査でお金を借りられるという環境は、同じような結果を招くことがあります。
「手軽に」借りられることが必ずしも良いことではありません。